ケイコです。

2月の忘れ物です。セーターの忘れ物とTシャツ、ヨガパンツ、手袋、靴下、タオルたくさん。そして、ナイキのヨガマットです。お早めにお引き取りにいらしてくださいね。

 image.jpeg

image2.jpeg

こんにちは、SHIZENスタッフです。

 20160724_bw_portrait3-1612.jpg

今回は3月25日(土)19:00-21:00で開催されることになった、トモヒロ先生の特別クラス「フランクリンメソッド入門ー体感する解剖学」のご紹介です。ドミニカ先生が「トモヒロにぜひ、SHIZENでフランクリンメソッドのクラスをやってもおう!」と熱烈ラブコールを送って実現した今回の企画。今回はクラス開催に先駆け、ドミニカ先生が「フランクリンメソッド」に興味を抱いた理由も見えてくる、トモヒロ先生のインタビューをお届けします。

ーーもともとダンサーであるトモヒロ先生がヨガを始めたきっかけと、SHIZENを選んでくださった理由を教えてください。

ラテンダンスに熱中していた時にキューバ旅行に行ったんですね。そこで現地の先生に勧められたのが、きっかけです。その先生はコンテンポラリーダンスにヨガをミックスしたようなスタイルで教えていて、「トモヒロ、もっと自分の身体を知りなさい!!」って。

ヨガを指導するようになって、ポーズのことなどもっと学ぶ必要があると思っていました。知り合いの多くのインストラクターがSHIZENヨガのドミニカ先生を勧めていて、それがきっかけです。それ以来シリーズクラ スに通っていますが、ドミニカ先生は先生としてあらゆる面で僕のお手本ですね。

img_1305.JPG

ーーフランクリンメソッドをまだ知らないSHIZENの生徒さんたちのために、簡単な説明をお願いできますか?

人間の身体が本来持つデザインや機能を知り、それらに基づいて、より良い動きを獲得していくメソッドです。ベースとして機能解剖学があり、ツールとして意識やイメージの持つ力(イメジェリー)を使っていくのが特徴です。

ーートモヒロ先生が感じる「フランクリンメソッドとヨガの共通する部分(魅力)」とはなんでしょう?

フランクリンメソッドは身体や動きの そもそもの「基本」部分がベースになっていますので、ヨガのみならず、他のエクササイズやスポーツ等に応用していくことが可能です。そして「イメジェリー」と呼んでいますが、意識の使い方を重要視していて、そこは凄くヨガに通じるものがありますね。

ーー今回のクラスは、インストラクターやヨガ経験の長い人向けでしょうか?初心者でも問題なく参加できますか?

初心者の方でも問題なく参加出来ます。
大事なのは解剖学の知識ではなくて、好奇心と積極的に楽しもうという気持ちです。

ーー今回、生徒としてではなく講師としてSHIZENに登場となりますが、今の気持ちは?意気込みなどお聞 かせください。

The human body is amazing!!
今回のクラスを通じて、知識や体験を皆さんとシェア出来るのは、大きな喜びです。
どうぞ宜しくお願いします。

img_1306.JPG

>後記
情報を仕入れて頭で理解しても意味がない。身体で体験して得られた理解に意味がある。
企画の打ち合わせで、ドミニカ先生とトモヒロ先生が異口同音で言っていたことです。
「頭での理解ではなく、身体での実感」それこそが、ドミニカ先生が日々指導するヨガとトモヒロ先生が伝えているフランクリンメソッドの、最大の共通点なのかもしれません。ブログを読んで「おや?これは?」と好奇心が疼いた方はスケジュールページからご予約くださいね。

3月25日(土)19:00-21:00(2時間)
特別クラス「フランクリンメソッド入門ー体感する解剖学」
トモヒロ先生の詳しいプロフィールは http://www.tomohiro-tsujimoto.com/index.html をチェック!
クラスの詳細については http://www.shizenyoga.com/j/special-classes/ をご参照ください。

※このクラスは予約優先クラスとなります。ご予約は既に開始していますよ。

ケイコです。

dominicakeiko_2016.jpeg

ドミニカ先生とケイコによるティーチングスキル(3月20日、月・祝)のお申し込みが始まっています。

1月に行われたティーチングスキルの感想をマリ先生が書いてくださいました。ぜひ、こちらをどうぞ。

1月に第一回ティーチングスキルを行ったとき、参加者の皆さんがたいへん熱心で、実に充実した1日となりました。自分たちでいうのも変ですが、ドミニカ先生と私の組み合わせもよく、それぞれの得意分野を惜しみなく、皆さまにお伝えしています。皆がドキドキしながらも一生懸命課題に取り組み、自分の練習や普段教える上での疑問などを、率直に質問してくださいました。ドミニカ先生と私も必要だと思うことをお伝えするので、あっという間に時間が過ぎていき、とても濃い1日となりました。多くの生徒さんがこのティーチングスキルを終えてから、日々のクラスの受け方や自分の練習が変わった、と伝えてくれました。

img_1301.JPG

ドミニカ先生と私でミーティングするときに、とにかく参加してくださる皆さんがご自身のクラスを行ううえで、よりヨガに対する理解を深め、自信を持って教えることができるようなワークショップにしたいということをよく話します。今回は何をやろうか、みんなが何を必要としているのか、前回のクラスで私たちが必要だと感じたこと、そして、前回参加されなかった方にも楽しんでいただけるよう、ふたりでワクワクしながらいろいろと考えています。主にドミニカ先生が次から次へとアイディアを出し、私が時間配分を考えて、削ぎ落とし、洗練させています(笑)。こうやって、考える時間がまた楽しいです。プラクティスする時間、教える時間、そしてもちろん、皆さんお楽しみの哲学の時間もありますよ!

すでに教え始めている方の疑問に応え、これから教え始めたいと考えていらっしゃる方の背中を押すようなプログラムになるといいな、と思っています。前回参加された方も初めて参加される方も、あまり気構えないで、ぜひお申し込みください。お申し込みは、こちらから。

ドミニカ先生と2人で、みなさまのご参加を楽しみにお待ちしております。

 

ケイコです。

今年もSHIZENヨガスタジオでは、多くの生徒さんがヨガを楽しんでいらっしゃいます。今日は、ドミニカ先生1月限定のシリーズクラス「道具を使ったヨガ」に参加してくださったさやかさんが、「ウッティータ・ハスタ・パーダーングシュターサナ」をしてくださいました。左脚側だけ見たら、まさしくTadasana(山のポーズ)!

img_8454.JPG img_8453.JPG

Utthita  伸びた
Hasta 手
Padangusta 足の親指
asana ポーズ

1.お名前を教えてください。
さやかです。

2.ヨガに惹かれる理由はなんでしょうか。
ヨガをすることで自分自身の体の調子の良くないところや癖に気づくことができること。体を繊細に動かすことで、その不調や癖を改善することができること。ヨガを深く知れば知るほど、自分に優しくできるところに惹かれます。

3.SHIZENの好きなところを教えてください。
知識なく体を動かすと自分の癖を強めてしまい、更に不調になってしまうこともあります。でも、SHIZENの先生方は多くの生徒さんがいるにも関わらず一人一人の体をきちんと見てくださり、的確なアドバイスを下さいます。先生方のアドバイスを受けてヨガをしていたら、どんどんセルフメンテナンスが上手になっていきました。ヨガの気持ち良さを教えてくださり、探究心に火をつけて下さるところが大好きです。

ケイコです。

本日、一部のベルトを新しいものと交換しました。

image.jpeg

うわーん、ベルトがぼろぼろになっちゃったー、とドミニカ先生。金具があたってこすれてしまうのか、作りのせいなのか、はたまた寿命なのか、よれよれのベルトが増えてきました。よし!新しいベルトと交換です。

image1.jpeg

先生たち、みんなで選別して何やら、ドットを書き込んでいます。

image2.jpeg

ん?このドットは?新しいベルトはドットがある方が表!そちらを上の方に向けてベルトを持ちます。

image3.jpeg

布に近い方のバックルの通し穴に下から上へとベルトを通します。

 image4.jpeg

その後、もう一方の通し穴に上から下へと通します。必要な長さになるまでベルトをひっぱり、調節します。輪になった方のベルトをひっぱると、しっかりと止まります。バックルを裏表逆さまに通してしまいますと、引っかかって、ベルトの端が切れてしまう原因の一つとなってしまうようです。長く使うことが出来ますように、みなさま、ご協力お願いいたします。

image5.jpeg

いいんじゃない?これ。みんな分かりやすいんじゃない?とドミニカ先生。

そして、今回長めのベルトも導入です。そちらは三角印がついています。

image6.jpeg

ケイコです。

 img_8379.JPG 

今回、スケジュールで見事なプラサーリタ・パードッタナーサナをされているタマミ先生がインタビューに答えてくださいました。

Q. このポーズの名前と由来などをご存知でしたら、教えて下さい。

A. プラサーリタ・パードッターナーサナです。プラサーリタとは「広がった」、パーダは「足」という意味で広げた両足を伸ばすポーズです。

「伸ばす」という意味で使われるのはプラサーリタの他にウッティタ、ウッターナという3つがよく出て来ますが、プラサーリタはspread out = 横への広がりが強調された意味で使われます。

Q. このポーズの効果は?

A. ハムストリングと足の外側の筋肉が伸ばされるポーズです。足がしっかり使えて下半身が安定すると上半身の血行が良くなり、消化機能を増進するといいます。

Q.このポーズは、ハムストリングが硬くて、すごく辛いのですが、どうすればいいですか。

是非プロップスを上手に選んで練習するようにしましょう。

「量より質が大切」とアイアンガー先生もドミニカ先生もいつも仰っている通り、自分の体がこのアサナの効果を得るために必要なプロップスを選んで練習を行うと苦手意識は薄れます。例えば、手を床に着けようとする余り、背中を丸めてしまうようならば手の下にブロックを置いてみます。背筋をちゃんと伸ばせるようにするためには、手をしっかり押す事がとても助けになります。また、お尻を踵の真上に正しく置くためには、お尻から踵にかけて壁につけて練習をするとハムストリングを正しく伸ばせるだけでなく、坐骨から頭頂にかけての背筋を伸ばす助けにもなります。勿論、この二つを組み合わせて行なうのも良いと思います。

Q. 体が硬い人はヨガに向いてませんか?

体が硬いと痛いという感覚から限界や間違えに気付けるので、 私個人はむしろ向いているとも思います。

img_8374.JPG

Q.このポーズに関して、思い出やエピソードがあれば教えて下さい。

A. SHIZENブログでも取り上げられていましたが、実は私もヨガウエアを試着する時には個室でこのアサナをしてウエアの伸縮性や生地の透けなどをチェックしています(笑)

Q. 水曜日夜、新しくクラスを担当されています。どんなクラスですか。

A. ベーシック1クラスで、 19:30からという時間帯からしてお勤め帰りに来て下さる方が多いと思います。その日の疲れを残したままにしないためにも、夜のクラスはオススメです。担当が変わったばかりでまだ人数に余裕のある日が多く、目が届きやすいので穴場だと思います。皆様のお越しをお待ちしております!

Q. 生徒さんたちにメッセージをお願いします。

A. 現在、私がSHIZENで担当させて頂いている3つのオープンクラスは全てベーシック1クラスです。自分の心身の現状を知り、それに上手に対処できるようにお手伝いができたらという思いでクラスを行なっています。ベーシック1は基礎ではありますが、何事も基礎はとても大事です。ヨガを始める方も、基礎に戻って復習したい方も私と一緒にヨガをしませんか?

ケイコです。

1月の忘れ物です。

かわいいヨガパンツ3本です。上着は2枚。そして、タオルもろもろー。一定期間を過ぎると処分してしまいますので、お早めにお引き取りにいらしてくださいね。

img_1241.JPG

 img_1242.JPG

 img_1243.JPG

マリです。

「夢の共演」・・・この言葉が瞬時に浮かんだこのクラス。

1月9日に行われた「ティーチングスキル」は、なんと、ドミニカ先生、ケイコ先生のお二人から指導を受けられるという贅沢な贅沢な1日集中講座。その2回シリーズの1回目でした。

しかもこのクラス、アーサナやアジャストを学ぶだけでなく、哲学に触れる時間、さらに実際のティーチングのデモとフィードバックの時間もあるという、ヨガの指導をしている人にとっては魅力的すぎる内容。

クラス開催を知った時、
「これはぜひとも参加しなくては!」
と、申し込みをしたものの、先生も内容もゴージャス過ぎて、
「この濃さについていけるのか?私?」
と、不安もよぎり、文字通りワクワクとドキドキが入り混じりつつ当日を迎えました。

img_8382.JPG

カリキュラムはまず午前中にアーサナとアジャストの実践。
普段、指導をしていて行き詰まったり疑問に思ったりしたことをみんなで挙げ、ペアワークを通して、「どこが問題か」「何が有効な解決策か」「どのような注意点があるか」など、キメ細やかにお二人の先生がアドバイスしてくださり、あっという間に予定時間オーバー。

そして午後は哲学からスタート。
お昼の直後に哲学・・・睡魔が襲ってきたらどうしよう?とまたまた不安な気持ちがよぎりましたが、「ヨガの哲学」がどのように「ティーチング」と結びつくか、どのような心がけで臨むことでどのようなことが起きるか、そのために必要なことは何か、など、あまりにも興味深い内容に、睡魔が入り込む余地はなく、こちらもあっという間に予定時間オーバー。

img_8390.JPG

ところで「ティーチングスキル」というクラスですから、受講の対象となるのはヨガのインストラクター、もしくはインストラクターを目指している人、となります。
インストラクター対象のクラスと聞くと、なんだか厳しい、怖いクラス?と思われがちですが、これが全くそうではなく、その雰囲気が顕著に現れたのが、3分間のティーチングデモとフィードバック。

一人一人が違うアーサナのティーチングを行い、他の全員が生徒となって受ける。そして先生役の人がフィードバックをいただく・・・という形式は今までも何度か体験したことがあります。そしていつも、ティーチングデモとなると、指導者に対して指導をするわけですから緊張するし、自分の順番が終わるまでは生贄にでもなったかのようの気分に陥り、他の人のことなど考えられない・・・となりがちなのですが、これが全く違ったのです!
お二人の先生方の一人一人へのアドバイスが的確で愛のこもったものであることは大きいのですが、さらにお二人の素晴らしいガイドにより、単に先生役、生徒役に分かれてデモを行うだけに留まらず、全員が「生徒」として受講しつつ「先生」としての目を持って関わるように導かれ、先生役の人の課題を全員が一緒になって考える時間になりました。
このことで、全員のデモが「他人事」ではなくなり、ともするとマニュアル的になりがちなティーチングデモとは全く違い、課題に臨む方向性が深まり切磋琢磨できる貴重な体験となりました。
そんなこんなでこちらもあっという間に予定時間オーバー(笑)。

やっぱり想像を超えたゴージャスな1日でした。

実は充実感とともに帰宅した途端、あまりのゴージャスさの反動でしばし放心状態に陥り、この1日に体験したことを理解するのに時間がかかり、さらに消化するのに時間がかかっているのですが、この消化作業は、まるでこの日に植えた種に、毎日お水をあげて、愛情を注いで育て、やがてどんな花が咲くのか、どんな実を結ぶのかと楽しみながら育てているような作業になっています。
そしてその種は、「なぜヨガを教えたいの?」「何を教えたいの?」と、常に問いかけてくれるので、丁寧に丁寧に対話をしながら育てていきたいと思っています。

ドミニカ先生、ケイコ先生、新年早々ゴージャスなお年玉のようなクラスをありがとうございました。
第二弾も楽しみです。

dominicakeiko_2016.jpeg

両日参加で修了証が発行されますが、1日だけ参加の方も歓迎の講座です。
次回3月20日(月・祝)開催のパート2お申込は、2月20日からとなりますので楽しみにしていてくださいね。
詳細は2月1日公開予定です、今しばらくお待ちください。

ケイコです。

SHIZENヨガスタジオには、道具がたくさんあり、それをクラスでよく使います。そして、生徒さんも、道具を家でも使いたいと、購入される方も多いです。日本では手に入りにくい道具をみんなで共同で海外から購入する熱心な生徒さんたちもいらっしゃいます。そして、今回は、なんと道具を手作りされた方がいらっしゃいますので、ご紹介します。写真付きでメールをくださいましたよ。Rさん、シェアしてくださって、本当にありがとうございます。みなさんも手作り道具にチャレンジされたら、ぜひ教えてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

SHIZENヨガに出会い、生まれつき足が悪い自分にもできるヨガがあることを嬉しく思いました。特に、リストラティブは、道具に身を委ね、安心してポーズ(アサナ)を取ることができ、心身ともにリフレッシュできました。

そして、自分の身体に向き合う気持ち良さにはまり、巷ではなかなか手に入らないヨガチェアなどの 道具を手作りしたことを、前回のリストラティブに参加した際、ケイコ先生にお話しました。

今度見せてくださいね、と言っていただいていたので、手前味噌ですが、写真添付致します。

img_1205.JPG

改造したヨガチェア、ヨガベルト、サンドバックが自作です。^_^

パイプ椅子は、背もたれのネジを外してから、えいや!と、力いっぱい押して外しました。その後、紙やすりでパイプの表面を滑らかにし、更にペンキを塗ってお化粧しました。また、パイプの脚にも、滑り止めのゴムを巻いています。

サンドバックは、通販で、淡路島の抗菌砂を取り寄せ、様子を見ながらオーブンでさらさらになるまで焼き、目の詰まったツイル生地で縫った袋を二重に重ね、しっかり詰めました。ベルトは、手芸店で簡単に手に入る材料で作りました。

image2.JPG image3.JPG

また昨年末、受講したタマミ先生のクラスでも、ブロックやベルトの使い方を教えていただき、とてもためになりました。

今後も、更に道具の助けを借りて、ヨガを続けていきたいです。

R

ケイコです。

タマミ先生の素晴らしいプラッサーリタ・パドッタナーサナが表紙となっている1月のスケジュールをもうご覧になりましたか。今季から新しいクラスが増えていますので、是非、ご確認ください。

マリ先生がリストラティブヨガのレギュラークラスを始められます。思慮深く、優しい雰囲気をまとったマリ先生のクラスは絶品ですよ。また、待望のドミニカ先生の週末オープンクラスが開催されます。今までは、週末はシリーズクラスのみだったのですが、土曜日17:00から中級クラスが開かれます。

水曜日
9:00 ベーシック1 ムツコ先生
19:30 ベーシック1 タマミ先生

木曜日
15:00 マタニティヨガ 1.3.5週 ヒサコ先生/2.4週 ミキ先生
19:30 ベーシック2 ドミニカ先生

金曜日
17:30 リストラティブヨガ マリ先生 新規!*不定期開催
19:30 瞑想 マドカ先生 *不定期開催

土曜日
13:00 マタニティヨガ 1.3.5週 ミキ先生/2.4週 ヒサコ先生
15:00 ベーシック1 タマミ先生
17:00 中級 ドミニカ先生  新規!

日曜日
15:00 ディープリラックス ムツコ先生
19:00 瞑想 マドカ先生 *不定期開催

Next Page »