今日のスケジュール

メンバーログイン

Shizen Yoga Studio

ドミニカ ・芹ヶ野
SHIZENヨガスタジオディレクター・オーナー、ヨガインストラクター

1999年にヨガを教え始め、2004年にSHIZENヨガスタジオを設立。アイアンガーヨガの伝統と、師事しているアイアンガー・ティーチャーの教えに大きく影響を受け、ドミニカのクラスはマインドを集中させ、体の知性を目覚めさせるために、アラインメント重視のアプローチをとる。クラスでは、ヴェーダンタとユーモアを織り交ぜて、ドミニカのヨガに対する愛と教える喜びをよく感じとることができる。SHIZENのクラス以外では、日本各地で特別ワークショップやインストラクター・ディベロプメントのコース、イベントを行っている。ドミニカのワークショップの予定はワークショップ&リトリートをご覧ください。

渡部直子(ナオ)
マントラインストラクター

KHYF クリシュナマチャリア・ヒーリング&ヨーガ公認 正式マントラ指導資格
ヨガの源流を探りに、パタビジョイス氏やアイアンガー氏の先生であった クリシュナマチャリヤ師の教えを学びにインドへと渡る。 人の心に触れるその優しい教えに感動し、その後、毎年渡印し、クリシュナマチャリア師のご子息であるTKV.Desikachar氏や実孫のKausthub Desikachar氏から直接指導を受け続けている。「ヨガとは、心のあり方だ。」をモットーに、数千年前から受け継がれている伝統的なヨガの教えを、ふんだんなユーモアセンスとわかりやすい日常からの例題で紐解くことに定評を得ている。

金澤誓子(チカ)
産後ヨガインストラクター

スワミ・ヴィヴェーカナンダヨーガ研究財団認定ヨーガインストラクター/カイヴァリャダーマヨーガ研究所 プラナヤマコース修了

幼少より養生法を大切にする両親のもとに育つ。長年のヨーガの学びと共にアーユルヴェーダにも深く傾倒し、それらの知慧を生活や子育てにも生かした毎日を送る。定期的に渡印し国内外のアーユルヴェーダDr.から直接指導を受け研究を深めている。自身の腰による怪我、自宅出産、子育てなど経験を通しての彼女のクラスには幅広い層の支持を受けている。日本アーユルヴェーダ学会会員。

牧野修玄 (マキノ)
メディテーションインストラクター

子どものころから瞑想に関心があり、15歳から禅のマスターに瞑想を勉強し始 めました。約25年前から禅瞑想や仙道瞑想、チャクラ瞑想など教えています。 瞑想会の参加者に適した瞑想法を選んで教えるので、参加者の多くが徐々に本来の自分とつながり、「自分とは何か」をより理解できるようになります。


百瀬日出子 (ヒデコ)
産後ヨガインストラクター

スワミ・ヴィヴェーカナンダヨガ研究財団認定 ヨガインストラクター/一般社団法人日本ヨガ療法学会認定 ヨガ療法士 


クラスはカラダとココロのつながりを意識化し、心身全体のエネルギーバランスを整えることを目的とする。深いリラクゼーションには定評がある。シヴァナンダの僧侶との出会いを機にインストラクターになり、近年ではヨガ療法士の資格を取得。妊娠・出産、子育て中の心の不安や葛藤をヨガによって解消しバランスを取り戻すといった自身の経験から、SHIZENではハイハイヨガクラスを担当。

神田尚子(ヒサコ)
マタニティヨガインストラクター

スワミ・ヴィヴェーカナンダヨガ研究財団認定 ヨガインストラクター 全米ヨガアライアンス500H修了

子育て真っ只中に人生の先人からの温かな一言をきっかけにしてヨーガに出会う。その楽しさから瞑想や哲学、アーユルヴェーダの深淵な学びの淵に立ち、ヨーガや哲学の師、アーユルヴェーダDr.、研究者から日々学びを深めると共にその恵みを生かした日々を楽しむ。クラスはこれらの智慧と経験により、結婚、妊娠、子育て、更年期など女性の様々な人生ステージに対応する指導を得意とし、自分の内側にある喜びや豊かさ、尊さを見出すお手伝いをしたいと心から願っている。

奥野恵子(ケイコ)
SHIZENヨガインストラクター

全米ヨガアライアンスE-RYT® 500, YACEP®/ ヨガワークス認定ヨガインストラクター/ リストラティブヨガインストラクター 


クラスはアイアンガーヨガの影響を強く受け、体の感覚に意識を注ぎ、アライメントを重視し、心身の調子を整えることに重点を置く。アライメントへの理解と体を徐々に開いていくシークエンス(順序)、分かりやすい説明で定評がある。ロサンゼルスのヨガワークスでヨガアライアンス認定500時間のティーチャ―トレーニングを修了、同サーティフィケーションに日本人としてはじめて合格、クラスを担当。アイアインガーヨガのマーラ・アプトの元で3年間アシスタントを務めたのをはじめ、リサ・ウォーフォードなどすばらしい先生の元で学ぶ.

鳥井むつ子(ムツコ)
SHIZENヨガインストラクター

全米ヨガアライアンスRYS200Hティーチャートレーニング修了


花粉症にヨガがよいと知人に聞いたのがヨガを始めるきっかけ。2000年ごろから、ハタヨガをはじめる。いろんな流派や指導者を経験していく中、2006年にドミニカ・芹ヶ野の指導を受け始める。ドミニカ先生のクラスで、身体と心のアライメントに充足感をおぼえ、また笑顔と笑い声の多いレッスンに惹かれ現在に至る。2009年にヨガを教えはじめる。生徒の皆さんと、心と体の心地よいバランスを共に見つけ、またいっしょに楽しめるようなクラスを心がけていきたい。

福田珠見(タマミ)
SHIZENヨガインストラクター


スワミ・ヴィヴェーカナンダヨーガ研究財団認定 ヨーガインストラクター/マタニティ・ヨーガ指導者養成ベーシックコース修了/Yoga ed.キッズヨガインストラクター/全米ヨガアライアンス500時間  

パソコン仕事による頸部の激痛や頭痛、集中力散漫に悩まされ、自分で行っていたストレッチがヨーガでは名前のついたアーサナである事を知ったのがヨーガを勉強しようと思ったきっかけとなる。その後身体の構造に沿って行われるヨーガは安全で継続する事は健康維持に繋がる事を多くの人に体験していただきたいと思い、指導を開始。現在もドミニカ先生の下で学びを続けるうち自分の身体が変化する喜びを感じている。また、アーサナのみならずプラーナーヤーマや瞑想には心身相関の諸問題を緩和させる効果もあり、現在ヨーガ療法士の勉強を継続中です。



和田美樹(ミキ)
マタニティヨガインストラクター

スワミ・ヴィヴェーカナンダヨーガ研究財団認定ヨーガインストラクター/マタニティ・ヨーガ指導者養成ベーシックコース修了/全米ヨガアライアンス200時間
ヨガを始めたのは、妊娠中に始めたマタニティヨガでした。その後、仕事を始めた頃から体に不調を感じたのがきっかけとなり、2004年にヨガを始める。いくつかのヨガを経験し、2007年よりドミニカ先生のもとで学びを続けている。特にアライメントを重視したヨガでは、体が本来持っている力を引き出し、いくつになってもヨガをできるところに素晴らしさを感じている。ヴェーダンタの教え、呼吸法、瞑想などからも内面的な豊かさを感じ、心身が整っていくことに喜びを感じている。クラスでは、体の力強さ、心身のバランスを整えていくことを心がけている。

武田マリ(マリ)
SHIZENヨガインストラクター


全米ヨガアライアンス200時間修了
長年ダンサー、トレーナーとして体を酷使。病気からの回復目的にヨガを始め、SHIZENヨガスタジオに出会う。きめ細やかな指導に感銘を受けたドミニカ先生、ケイコ先生に師事。自分の状態に丁寧に向き合うことで起こる心身の変化を実感し、ヨガが生活必需品となっている。2017年からは、ケイコ先生アシスタントとしてシリーズクラスに参加する他、コミュニティクラスを担当。


酒井幸子(サチコ)
SHIZENヨガインストラクター

スワミ・ヴィヴェーカナンダヨーガ研究財団認定ヨーガインストラクター
1997年アメリカ駐在中にアイアンガースタイルのヨガに出会う。以来、ヨガは自分の体と心とに向き合う大切なひとときになる。2000年に帰国後 IYCにて芹ヶ野ドミニカのクラスを中心に指導を受け、SHIZENヨガスタジオの創立後ティーチャーズトレーニンを終了。「ゆったりヨガ」クラスでは運動能力や柔軟性に自信のない方でも楽しくヨガの効果を体感できる様に心がけている。また骨格を意識し丁寧に繰り返しポーズの練習を重ねる事で自分の体がそして普段の生活がどう変わって行くかを観察してもらえるように工夫している。2014年に渡英し2017年帰国。2017年9月より再びゆったりヨガ担当。

©2012 SHIZEN Yoga Studio. All Rights Reserved.